マジで謎のままのオカルトとかオーパーツってあるの?

マジで謎のままのオカルトとかオーパーツってあるの?
マジで謎のままのオカルトとかオーパーツってあるの?
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:04:52 ID:0+j0MuY+0
個人的な本命だった水晶ドクロも科学的に解明されてしまったし…
誰かなんかしらない?

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:05:33 ID:oMOfRKkP0
>>1
まず水晶ドクロが解明されたのを知らない

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:06:53 ID:0+j0MuY+0
>>2
なんかあれ、加工跡がないからオーパーツだ!みたいな過去があったんだけど
近代的な分析をやったら、当時には解析できなかった微細な加工跡がみつかったんで
贋作ですね、みたいな



帰属: Crystal skull.jpg user Kuddel

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:05:59 ID:WJok32DqP
昔の時計みたいなやつは

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:08:41 ID:0+j0MuY+0
>>3
アンティキティラ島の機械ね。これはほんとロマン
でも、オーパーツではあるけど、なんていうのかな、当時、人々には理解されない超鬼才が居たんだなって思うと
オカルトの神秘性はちょっと薄れるよなーと思う



帰属: NAMA Machine d'Anticythère 1.jpg user Marsyas

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:09:07 ID:AbaLbsO30
モヘンジョダロ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:18:30 ID:0+j0MuY+0
>>10
無慈悲なwikipedia…
古代核戦争説

そうなんだよなー。ほかのだれでもない、オカルト好き?によって、証拠がねつ造されるから訳わかんなくなってくるんだよ
オカルト本も無責任に発見者の話を鵜呑みに書いてるのが多いから、本物がどんどんわからなくなるよ
ピラミッドの王家の呪いもそのたぐいだもの



帰属: Mohenjodaro Sindh.jpeg user M.Imran

モヘンジョダロ遺跡
インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲5平方キロの広大な遺跡であるが、現在発掘が進んでいるのは全体の4分の1ほどの地域である。 遺跡で見つかった白骨遺体46体は突如、死がやってきたような状態であった。そのうちの9体には高温で加熱された跡が残っていた。 また、『ラーマーヤナ』の記述に基づき戦闘の日時と場所を特定した研究者によると、炭素14の分析もして戦いの期間を紀元前2030年から紀元前1930年の間と特定したものの、モヘンジョダロにおいては400年程度の食い違いが見られるという。ずれの可能性としては放射能の影響が考えられるがはっきりしない。

古代核戦争の研究者ダヴェンポートは、発掘対象から外れていて、現地の住人が「ガラスになった町」と呼んで近づかない場所を訪れたと報告している。 そこは、黒いガラス質の石が、800メートル四方をびっしり覆っているという場所で、黒いガラス質の石は、高熱で溶けた砂が再固化したものと判明している。黒いガラス質の石は、テクタイトであるとされる。付近では、この他に溶けてくっついたレンガや、ねじ曲がったり気泡が混じってガラス化した壺の破片などの遺物も見つかっている。これらの高温加熱遺物やガラス化した地域については大規模な火災・火山の噴火などの諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるというのが一般的な考古学者の見解であるが、モヘンジョダロ遺跡のあるインダス川流域において、大規模の火山活動の痕跡は確認されていない。

このような広範な範囲の砂が溶けてガラス化するという現象はこれまで自然界では見つかっておらず、同様の風景は今のところ地表で核実験が行われた場所(砂漠)でしか見つかっていない。

引用元: 古代核戦争説 - Wikipedia


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:10:14 ID:IIXpVaJ40
ラマヌジャンの公式

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:14:23 ID:0+j0MuY+0
>>12
オカルトじゃねえw…いや、彼自身がオカルトか
大昔、彼みたいなのがアンティキティラ島の機械をつくったんだろうなと思うと胸熱



帰属: Srinivasa Ramanujan - OPC - 1.jpg user Konrad Jacobs

シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャン(Srinivasa Aiyangar Ramanujan、1887年12月22日 - 1920年4月26日)はインドの数学者。極めて直感的、天才的な閃きにより「インドの魔術師」の異名を取った。

引用元: シュリニヴァーサ・ラマヌジャン - Wikipedia


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:17:27 ID:s1h1n8Fr0
日本にもオーパーツって無かったっけ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:20:38 ID:0+j0MuY+0
>>16
ぱっと思い浮かぶのはヒヒイロカネとかかな
これ、昔なんかの資料で読んだんだけど、餅鉄ではないかとする説が有力らしいですぞ
オカルティストの間ではオリハルコン=ヒヒイロカネらしい

ヒヒイロカネは、太古日本で様々な用途で使われていたとされる、伝説の金属または合金。緋緋色金、日緋色金とも表記し、火廣金(ヒヒロカネ)、ヒヒイロガネ、ヒヒイロノカネとも呼称し、青生生魂(アポイタカラ)はヒヒイロカネを指すといわれる。現代の様々なフィクションにも登場する。

引用元: ヒヒイロカネ - Wikipedia


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:27:13 ID:4xshCE4B0
ナスカの地上絵とかは?

あとモアイ像、ストーンヘンジとかも
あと飛行機の模型とかあ



帰属: Lignes de Nazca Décembre 2006 - Colibri 2.jpg user Martin St-Amant (S23678)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:32:39 ID:0+j0MuY+0
>>21
ナスカの地上絵は二段階あって、みんな覚えてるかな、昔は「誰がこんなものを描いたのかわからない」だったんだよね
でも描いたのはナスカ族よ。そのまんま。
で、次の段階が「なんでこんなものを描いたのかわからない」になったんだけど、雨乞いだったんだよ。天の神様に見せるために、大きく描いたという伝承が
ナスカ族に伝わってるんだって。

ただ、蜘蛛の絵だっけ?あれに、本来は顕微鏡で見ないとわからない体の部分が描いてあるらしくて
それは俺も色々調べたけど、まだこれという説が決まってないみたいよ。ロマーン

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:39:42 ID:zH/QZf8p0
てか古代文明てぜってー宇宙人関わってるやろ
エジプトの壁画に宇宙人らしき奴いたり ヘリ書かれてたり
日本の古い文献にもUFOらしき物書かれてるし

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:46:31 ID:0+j0MuY+0
>>26
ヘリコプターは有名で、複数の象形文字がくっついて偶然そう見えるってだけだよお
宇宙人の話は初耳。よかったら説明してるサイト教えてほしい

日本のは虚船だっけ。あれってでも、亀甲船の個人用か、はじめて亀甲船を見たやつが描いた絵じゃねえかなあ
時代は少し近代になるけど、イタリアかどっかで初めて誕生した潜水艦(個人用)も似た形だす
まあ虚船は研究資料とかあんまり無いから、個人的には検討保留

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:56:30 ID:zH/QZf8p0

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:41:09 ID:d2RbhzK80
ピラミッド系は宇宙人や、別の何かが干渉して来てるはず

きっとお前らならキリスト教の宗教画にUFOが書かれてるのも知ってるはず



出典: Michelangelo Buonarroti 020.jpg

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:42:32 ID:0+j0MuY+0
あー、思い出した。
与那国の海底遺跡あるじゃない。あれはちょっと不思議。ロマンがある
巨人かどうかは置いておいて、人工の構造物であるとする派とバカ言ってんな派があるんだけど
どちらにせよ全然解明されてないので、個人的には人工の構造物である説をまだ信じてる
だってあんな不自然な形の岩石群はほかに類を見ないし
でもって、ニライカナイ伝説は昔、海に潜ってあれを見つけた海女さん的な人から広まったんじゃないかなーと思うと胸がドキドキする



帰属: Turtleyonaguni.jpg user Masahiro Kaji

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:49:15 ID:LzmSw3MqO
液体の火薬を火炎放射器みたいにするやつ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:54:41 ID:0+j0MuY+0
ちなみに宗教+宇宙関係だとこういうのもあるよ
1100年代に作られた大聖堂の彫刻に宇宙飛行士がいる謎
マジ洒落になんないから後生に残さないでほしいw

>>32
ギリシャ火薬だっけ?
あれもダマスカスと同じで、散逸したものだよなあ。もったいない
けど科学技術が進んだ今では、大体どういうものかの分析が済んでしまって、オカルトっぽさというか
オーバーテクノロジーらしさは失われてしまった。科学万歳、科学くたばれ



出典: Greekfire-madridskylitzes1.jpg

ギリシア火薬とは東ローマ帝国で使用された焼夷兵器である。東ローマ帝国では海戦において典型的にこの兵器が使用され、これは水上に浮いている間ずっと燃え続けて多大な効果を上げた。この兵器は技術的な優位を与え、東ローマ帝国の多くの軍事的勝利において鍵となる役割を果たした。最も特記すべきはコンスタンティノープルをアラブ軍の2度に渡る攻囲から救出したことである。これにより帝国は生き残ることを得た。

引用元: ギリシア火薬 - Wikipedia


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16 23:58:14 ID:nSN+fioI0
バビロンの空中都市だかなんだかってマジであったの?



出典: Hanging Gardens of Babylon.jpg

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:03:31 ID:BitYJwlz0
>>40
これは結構古くからある一瞬ロマンを抱かせた瞬間にテンションを下げるトラップである。
空中都市とかいうから、ラピュタ的なものを想像するけど、単に地上より高いところにある庭園なのだ。
大昔、水は低きに流れるというのは根本原理であって、だからこそ水を構造物の上の方に、逆に引っ張ってゆく技術がすごすぎて
そのせいで世界七不思議にも数えられたんだけど、完全に人間の努力のたまものによって成し遂げられた
当時としては凄すぎる建築技術という側面の方がオカルト分よりも強いね

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:02:35 ID:y3X8i1jv0
これ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:19:12 ID:BitYJwlz0
>>45
はwowシグナルであってるよ。宇宙人からの通信電波を拾う計画が昔あって、
そのレーダーに偶然観測された「非常に強い信号」
研究者が驚きのあまり、wowと書いたのね。これは不思議

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:07:09 ID:HBfJu6dl0
電池みたいなやつは?

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:07:44 ID:uIvRGeFBO
ヴォイニッチはロマンあるけどイタズラが有力…
ツングースカも最近のロシア隕石みたいな説が有力

船員が消えた航海中の船は航海日誌の記述と矛盾だらけ

俺のロマンを壊すなよ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:13:06 ID:BitYJwlz0
>>48
バグダッド電池ね。
これもwikipediaに記述があるけど、祈祷文を書いたパピルスを保管する壺であったという説が非常にもっともらしい。俺も支持する。
コレに関してはあまり夢やロマンの入り込む隙はなさそう

>>49
ヴォイニッチは俺も、当時の詐欺錬金術師?が貴族からお金をもらうために書いたと思うけど、
強く確信するものはないから、夢は捨ててない。ロマン



帰属: Ironie pile Bagdad.jpg user Ironie

バグダッド電池(バグダッドでんち)とは、現在のイラク、バグダッドで製造されたとされる土器の壺である。
電池であるという意見と、そうではないとする意見が存在するが、もしこれが電池として使われたのであれば、電池が発明されたのは18世紀後半であるから、これはオーパーツ(時代錯誤遺物)と言うことができる。
1932年(1936年説も有)にバグダッド近郊のテルであるホイヤットランプファで発掘された。出土したのは民家遺構の中で、呪文が書かれた3つの鉢と共に置かれていた。1938年に、「これはガルバニ電池の一種ではないか」とする論文がイラク国立博物館のドイツ人研究者ヴィルヘルム・ケーニヒ (Wilhelm König) の手によって発表された。その後、1978年に西ドイツのヒルテスハイム博物館で開催された「シュメール・アッシュール・バビロン展」で、「パルティア時代の電池と推定される器具」として展示されたことで世界中に広く紹介されることとなった。
大きさは高さ約10cm、直径約3cm程度。粘土を焼いて作った素焼きの土器の中にアスファルトで固定された銅の筒が入っており、その中にアスファルトで塞がれたシリンダーの中に鉄製の棒が差し込まれている。また、底に何らかの液体が入っていた痕跡が残っていた。

引用元: バグダッド電池 - Wikipedia


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:07:47 ID:+G2qjQLb0
ピラミッドが緯度経度に正確に沿った正方形してるとか
海失踪系いろいろとか謎はたくさんあるだろよ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:17:40 ID:BitYJwlz0
>>51
ピラミッドの緯度経度はそうね。わからん。ロマンを感じる。
でも知ってるかな、数学上の話なんだけど、任意の点から放射状にほぼ無限の点を置くとするでしょ
で、任意の点から一本の直線をほぼ無限に引っ張ったとき、ばらまいた点にぶつかる確率は「ほぼゼロ」なんだって
こういうのを知ってると、数学的な神の作為を感じるから、ピラミッドや日本の寺社仏閣が奇妙な位置関係にあってもそれほど不思議と思わなくなるふしぎ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:22:00 ID:VXb3vGOB0
ファティマの予言ってやつは?
教会も認めてたらしいけど

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:26:36 ID:BitYJwlz0
>>78
ファティマの予言は(個人的な見解だけど)ジャンヌダルクの伝説が曲解されていったのと同様の力のかかりかたをしている気がするにゃあ
しかも、ピラミッドの謎の話と同じく、バチカンが絡んでるので余計にややこしい
俺も、オカルトかと聞かれればそうだと現状では答えるけど、もやっとする。ちょっとワクワクとは違うかなあ

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:32:37 ID:y3X8i1jv0
ストーンヘンジって割と有名な割に物凄いんじゃなかったっけ
ピラミッドと同レベルの古さの上にどうやって石を運んだのかもいまだにわかってないとか


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:48:25 ID:rHR2azxF0
>>101
当時の地元の民族はストーンヘンジ作れるくらいの技術力あったらしい
まあピラミッドよりは作るの楽だろう
今はそれよりも石の輸送ルートについての議論が主流

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:34:20 ID:+TaFv8Cu0
うろ覚えで申し訳ないんだけど
地中海あたりに昔巨大な男の石像無かったっけ

今はもうなくなったって説明があった気がするけど

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:40:02 ID:/dXgYNDb0
ロードス島の巨像



出典: Wolf-Dietrich-Klebeband Städtebilder G 162 III.jpg

ロドス島の巨像(ロドスとうのきょぞう、Colossus of Rhodes)は、紀元前3世紀頃にリンドスのカレスによってエーゲ海南東部のロドス島に建造された、太陽神ヘーリオスをかたどった彫像(コロッソス)。世界の七不思議の一つ。
全長は34メートル。台座まで含めると約50メートルになり、現代のニューヨークの自由の女神像に匹敵する大きさであった。ヘーリオスは同じ太陽神のソルやアポロン(ローマ名アポロ)と混同されたため、アポロの巨像とも呼ばれる。
また、日本ではヘーリオスの巨像、ロドスの巨像などとも表記される。また、ロドス島が「ロードス島」と表記されることもしばしばであることから、ロードスの巨像、ロードス島の巨像などとも表記される。

引用元: ロドス島の巨像 - Wikipedia


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:36:45 ID:1SzNbYV60
地球空洞説

否定はされるけど物的証拠は無い

個人的には昔は入れるところがあって地獄の元ネタなったんじゃないかと思ってる

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:52:32 ID:rHR2azxF0
>>109
地震波の研究ですでに空洞説は否定されてる
表面とマントル層が固体、その下、深さ2900キロ~5150キロが液体、そっから中心が固体

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:51:12 ID:/w9EPBuB0

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:56:56 ID:BitYJwlz0
>>131
老人Zを思い出した

>>132
歴史的経緯は気にならない?どうして地下世界説が成り立ったのか
俺は個人的に、ものすごい深い洞窟とか鍾乳洞があって、当時その科学的説明ができなかったことがきっかけで
近隣の住民たちが「あれが聖書にもある地獄の門よ」的な話から発展していったんだと思ってる(調べてない)

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:24:12 ID:rHR2azxF0
>>137
夢のない話になるがよろしいか

・そもそも天文学者ハレーさん(ハレー彗星の発見者)が言い出したのが原因
何の根拠があったのやら
・ノルウェーの漁師が地球内部に入って巨人たちに出会ったという手記があるがそれは書いた本人がフィクションだと言ってる
・……という忘れさられた説をアメリカのSF雑誌の編集長が広めた
ペンシルバニア州の溶接工さんが送った原稿を手直ししてから実話として公表した
かつて地球にいた超人類の遺産で変化した古代人が地底にいて悪さしているという内容
このガセネタを信じる奴がかなりいた
・海軍少将が北極で地底世界に迷い込んだ体験が書かれた日記があるが
それを出してきた人物はその少将の孫だと自称したが血縁関係などなかった
この人物、公園で素っ裸になって捕まったり自分を批判したUFO研究家を脅迫したりとイカれてる

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:27:37 ID:BitYJwlz0
>>171
最悪ww
しかし、外国人のこの手の話にでてくる胡散臭い人間って、ホント頭おかしい逸話たくさんあるよね。お国柄というか、なんというか
ハレーさんはいったいどうしてしまったんだ…
当時の科学者には疑似科学とか、オカルトに傾倒する人も確かに多かったけども(もう少し遡って、ニュートンも錬金術方面にいったりしたんだっけね)

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:31:43 ID:pmO/u+6UO
>>171
リチャード・バード少将だな
軍事作戦なので記録が残ってるよ
南極基地(民間)で無線のやりとりを聞いていた民間人もいたので隠蔽失敗、バード少将が撮影した映像はドキュメンタリーとして米国内で上映されてるよ
当然日本でも
おりゃ観たことないが

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:37:12 ID:M6Vd9t2U0
エジプトのミイラだったかその呪いのせいでタイタニックが沈没した話

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:03:48 ID:rHR2azxF0
>>111
タイタニック沈めた不幸のミイラなら大英博物館にあるよ
つーかそれはミイラに被せられてた木製の覆いなんじゃないかっていう話
だから正確にはミイラじゃなくてミイラ板
タイタニックに乗ってたオカルトマニアが沈没前にミイラの呪いの話をしたら
その話に尾ひれ付いてなぜか大英博物館のミイラ板と呪いのミイラがごっちゃにされて
それがタイタニックに乗っていてその呪いで沈んだという無茶な話

つーかタイタニックの積み荷にミイラはない

あと、このミイラ板、10年くらい前に日本に来てる

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:40:43 ID:rHR2azxF0
フィラデルフィア事件

・そもそもその事件が起きた駆逐艦エルドリッチは実験の年にフィラデルフィアに一回も来てない
・UFO研究家のジェザップさんにアレンデって人物が送った手紙が発端
・自分の許可なくフィラデルフィア事件の関連本が出されてムカついたアレンデさんは
『この話は私の作り話です』って暴露して共倒れを狙う
・ニコラテスラやノイマン博士が関わっていたというのも根拠なし
アレンデの話にもなかったが陰謀論者たちがくっつけた
・フィラデルフィア事件の真相は磁気機雷回避のために戦艦の帯びる磁気を消す実験だったのではないか

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:43:08 ID:pmO/u+6UO
日本にもあるぞ
御神輿てルーツがはっきりしてない

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 00:44:19 ID:IuBBh/840
>>119
日ユ同祖論が有名だな

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)は共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説。
主に、日本人とユダヤ人によって提唱されている。
日ユ同祖論は、主に三つの立場がある。
1. 古代イスラエルの「失われた10支族」は、日本に渡来したという説。
2. 古代イスラエルの「失われた10支族」のみならず、12支族が、日本に来たという説。
3. 古代日本人は、ユダヤ人の先祖であるという説。

引用元: 日ユ同祖論 - Wikipedia


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:01:04 ID:pmO/u+6UO
昔の日ユ同祖論は言語学者が言いはじめて異端と学会で笑われた話
今は遺伝学から、YAP遺伝子の繋がりを裏付けに加えて、かなり濃厚な学説になってるよ

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:10:22 ID:jxxNFOuw0
なんかどっかの国だか宗教が厳重に管理かれてる、予言の書みたいのは?
かなりの的中率だった気が…

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:14:40 ID:BitYJwlz0
>>153
予言の書はアガスティアの葉かな。
あとアカシックレコードとかいうのもあるね。
ただ、厳重に管理が置かれてるやつは、チベット仏教の死者の書?だっけ、ちょっと忘れたけど、それじゃないかな

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:16:12 ID:1SzNbYV60
UMAのほとんどって実態解明されてないよな

モスマンとチュパカブラは今でも信じてる

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:20:53 ID:BitYJwlz0
>>161
モスマンはフクロウ(猛禽類)チュパカブラは
家畜の生き血をすする南米の伝説の怪物「チュパカブラ」の正体
とか?
チュパについては、血が無くなって見える説明がどっか別の理論であったはずなんだけど、ちょっと出てこない
狂犬病だったかなあ。なにせ、病気だったはず

しかしモスマンwikipediaにも書いてあるけど、ゴミ袋ってw
白いビニール袋のコピペが2chにもありましたね



モスマン (Mothman) は、1966年ごろアメリカ合衆国ウェストバージニア州ポイント・プレザント一帯を脅かした謎の未確認動物(UMA)。宇宙人のペットであるとの説(エイリアン・ペット説)もある。

特徴
地元の住人はこのUMAを単に「バード(鳥)」と呼んでいたが、一般にはマスコミを通じて広まった「モスマン(蛾人間)」という名のほうが有名である。
体長は約2m。腕はなく、背中に大きな翼を持つ。その翼をはばたかせる事なく、自動車よりも速く飛行する。目撃者の多くは、モスマンを一瞬しか見ておらず、モスマンの顔はあまり詳細まで覚えてはいないが、目がギラギラと赤く輝き、目と目の間隔が大きく開いていることだけは、多くの目撃者の証言が一致している。 ネズミやコウモリに似た「キィキィ」という鳴き声を発したという証言もある。
「第一発見者」とされる女性によると、彼女が車で時速160kmで逃走した際、モスマンは同等の速度で追ってきたという。また、彼女はTV番組のインタビューの際、「モスマンはフライング・ヒューマノイドに似ているような気がする」と述べている。

引用元: モスマン - Wikipedia


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:19:10 ID:iBfdO5OX0
ひと昔前に言われてた海の上にある死の三角ゾーン?だかなんだかはどうなったの?

ある客船が出たっきりで偶然海の上で見つけられた時には幽霊船になってた。ってやつ。

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:24:22 ID:BitYJwlz0
>>165
バミューダトライアングルの話なら、色々と解説はあるけど、一番夢も希望もないのが
「ぶっちゃけあの辺は事故件数そんなに多くない」ってやつね。
幽霊船のやつは別かな、マリーセレステ号のほかにもいくつかあるけど、どれも偽証や盛った話と伝聞によってネタが改変されたおしてるからなあ…
あの時代は航海技術もそれほど現代的ではないので、今の我々には予想もできないような、しょうもない事件事故も多かったろうし

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:27:51 ID:iBfdO5OX0
>>172それだそれだー。そうなんだー。

あとさあとさ!ブルーホールだっけ?!その場所だけめちゃくちゃ深くなっててどこまで深いかわからない!みたいなやつ!あれも凄いよね!


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 01:36:26 ID:BitYJwlz0
>>175
きれいだよなあ。自然の神秘を感じる。ああいうところには、やっぱりそれにちなんだ神話や伝説があるんだろうなあ
どうでもいい情報だけど、日本でも似たような体験はできるぞ
三陸海岸なんかに行くと、あるラインを境に昆布?ワカメ?がボワーっと生えていて、そこから先海の色がどす黒くなる。
気持ち悪くて、海では泳げなかった。女性の長い髪の毛が海流にたなびいてるように見えるんだよな

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 10:14:38 ID:qXhuT+Xl0
南極の氷の下の大陸が書かれた地図があったよな



出典: Piri reis harita.jpg

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 11:46:09 ID:BitYJwlz0
>>304
ピリレイスの地図は牽強付会であるという説が有力ね
おいおいこれ南極大陸じゃね?→マジで!すげー!という、科学的根拠のない、しかしセンセーショナルな説が
一人歩きをしてしまった結果なんだろう
実際には当時、使用された紙が高価だったこともあって、当時にはすでに発見されていた別の大陸を紙に書く際に
用紙のサイズに合わせて曲げて書いたというのが真相のようですぞ

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17 10:18:10 ID:iBfdO5OX0
要は世の中にはたくさん謎があるってこった!それがロマン!男の浪漫!

引用元: ・マジで謎のままのオカルトとかオーパーツってあるの?

1111 : 以下、名無しにかわりましてDirection Zeroがお送りします

コメント一覧

    • 1
    • 名無しさん
    • 2013年02月18日 12:58:36
    • ID: MWY5YjNh
  • アンティキティラ島の機械についてのドキュメンタリー番組が今日の
    夕方に、NHK BSで再放送されるよ。
    • 2
    • 名無しさん
    • 2013年02月21日 03:28:46
    • ID: YmQzZTA4
  • 確定かは知らないけど
    タイタニックが沈んだのって
    保険金目当てでわざと沈めたらしい
    姉妹船のオリンピックにすり替えられてたとか
    • 3
    • 名無しさん
    • 2013年03月26日 08:44:02
    • ID: MTJiYWE0
  • 勾玉はどうなのよ、当時の技術で作れるのあれ?
    • 4
    • 名無しさん
    • 2013年07月30日 14:44:36
    • ID: NDNhY2Mx
  • 作れる。
    素人には無理だ。作るには気の遠くなるような作業を繰り返す必要がある。
    しかし作れる。つまりそういうこと。
    ドクロのもそう。気の遠くなるような作業だが、手作業で延々と優しく加工していくと作れる。
    普通の人は作らないというだけ。
    • 5
    • 名無しさん
    • 2014年01月13日 21:58:15
    • ID: ODc1MGEz
  • 何かかなり離れた星で明らかにラジオ的な人工的波かが飛び交ってるとかでNASAが確認のプロジェクト進めてるとか・・ただ、確認のメッセージ電波を送ったところで通信片道40年かかるとかってnewsの続報とか誰か知らない?
    • 6
    • 名無しさん
    • 2015年03月10日 16:36:57
    • ID: MWM3Mjc0
  • ヒヒイロカネはオーパーツじゃなくてフィクションそのものだろうが
    資料とかwアホか
    • 7
    • 名無しさん
    • 2015年07月09日 17:41:35
    • ID: NTBlM2Y3
  • オーパーツって要は今の時代にもいる天才または奇人変人の発明品だったりするんだろうな。
    世に広まってないけど、発明はされていた。
    みたいな。
    • 8
    • 名無しさん
    • 2015年08月26日 00:10:18
    • ID: MmU4N2Iz
  • >>3
    青森の遺跡で作らせてもらったけど、頑張って削れば普通に作れたぞ。
    • 9
    • 名無しさん
    • 2016年02月06日 13:08:10
    • ID: YzE0Y2Jl
  • 与那国島の海底遺跡っぽいやつは自然の産物だぞ
    節理でググれ
    • 10
    • 名無しさん
    • 2016年03月17日 01:16:15
    • ID: YmRjMTEz
  • Wow!シグナルは混信とか太陽がどうとかその辺だろと思う。根拠はないが。
コメントする
名前
コメント

スポンサードリンク

カテゴリ別アーカイブ

RSS
facebook
twitter

人気記事

月別アーカイブ

タグクラウド

メールフォーム

名前
メッセージ